虹色楽団 Rainbow hearts Club Band  プロフィール

Who We Are (講師紹介)

 

うえむらかをる(東京・大阪)

アカデミー児童劇団、宝塚コドモアテネを経て、1978年「LOFT SESSIONS VOL1. 」に竹内まりや等と参加。1979年 CBSソニーよりKAORUとしてソロデビュー。

桑名正博、尾崎亜美、大場久美子、葉加瀬太郎らのコーラス担当。 上戸彩、平愛梨らタレントのボイトレ指導。 ヤマハ等音楽スクールのボイトレ講師。 Caolu Soul Latinとしてバンド活動を行う。

 

「うえむらかをるビデオチャットでボイトレします」はこちら をクリックしてください。

 

中畑丈治(東京)

1995年のコロムビアより「Vane For Road」のメンバーとしてメジャーデビュー。 解散後フリーとなり「テニスの王子様」や「プリキュア」等のアニメや戦隊物の音楽制作に携わる。 作編曲の制作業務と並行して、様々なアーティストの音源制作、ライブサポートとして活躍。 

 

神崎香菜子(大阪)

4歳からピアノを始め、京都女子大で音楽教育学を学ぶ。Jazzに興味を持ち米・バークリー音楽大に1年間留学し、ヴォーカルの基礎を学ぶ。帰国後、大阪や京都を中心にLive活動を開始。2015年に自身のオリジナル曲を含めたアルバムを作成。近年は弾き語りにも力を入れている。  

 

岡田奈緒子(大阪)

大阪音楽大学短期大学部卒業後、ヤマハ音楽振興会システム講師として稼働。 生涯学習指導員として地域の音楽イベント活動や地域の音楽指導に携わる。 老人福祉施設での音楽療法やシニアアンサンブル活動にも力を入れる傍ら、自身のバンド「kaznao&friends」のライブ活動を行っている。

 制作プロデューサー 瀨井広明 

池袋Living bar FI5VEを営みながら、音楽プロデュースやメロディメイクを

楽しんでおります。国生さゆり「バレンタイン キッス」の作曲家、元ドラマー

 

制作プロデューサー 岡田信一

音楽プロデューサー、ミュージシャンにして、

特定非営利法人おとなのバンド倶楽部 理事長

詳しいプロフィールはこちら

Our History

 2016年夏頃、うえむらかをるがアメリカの「ヤング@ハート」のようなバンドを日本でやりたいと言い出し、岡田信一がかねてからフォーク系の「わいわい合唱団」を各地に展開する構想を持っていたので、ロックの合唱団を作ろうということになり、池袋ファイブの瀬井広明にファイブでやれないか相談、快諾をえて、合唱指導:うえむらかをる、バンド指導:中畑丈治、経理:瀬井広明、制作:岡田信一の体制で11月にファイブで「虹色楽団」ワークショップ・スタート。

20174月には下北沢音倉でもワークショップ開始。またその年の夏頃から大阪での開催も画策し、大阪スタッフ(合唱指導:神崎香菜子、運営指導:岡田奈緒子、会場コーディネイト:萩原デビー)が加わり、11月に大阪梅田ガンツトイトイトイで開始、3カ所となる。

20189月から神田小川町レタスでも開催中。2019年には千歳烏山tubo、押上SEKAI CAFE(押上店)開始。

2020年からは、大阪寺田町OTIS BLUEも開始。

 

東京チームは201720182回ソロコンサートを開催、またいろんなライブにも客演参加している。

大阪チームも20191月デビューライブを開催。

 

20192月には虹色楽団を主宰する「おとなのバンド倶楽部」がNPO法人の認可を取得。「特定非営利活動法人おとなのバンド倶楽部」となる。