♪大人の、大人による、大人のためのバンド倶楽部です♪

アマチュア音楽、特にバンド音楽の振興のために多角的な支援活動を行います。 

更新情報

2019/11/1 2019年度おとなのバンド大賞応募締め切りました

2019/11/22 2019年度おとなのバンド大賞 第2期「おとバンde賞」発表!

2019/11/22 おとバンニュース2019/11月号配信(配信内容はこちら


2019年度おとなのバンド大賞 第2期「おとバンde賞」発表!

 ラジオNIKKEI・大人のラヂオ「2019年度おとなのバンド大賞」、おとバンは今年からラジオNIKKEIと連携して運営しております。

応募は10月31日に締め切られましたが、全国各地から数多くの応募作品が寄せられました!
第1期(7/1~8/31)の「おとバンde賞」受賞4楽曲に引き続き、第2期(9/1~10/31)のWEB応募作品の中から、おとバン会員の投票により、「おとバンde賞」8楽曲が選ばれました。

受賞バンドの皆さま、おめでとうございます!

 

おとバンde賞受賞の12楽曲は、ラジオNIKKEI 宛CD応募の中から選ばれた優勝楽曲とともに、最終審査を経て12月に発表される「2019年度おとなのバンド大賞」グランプリ、準グランプリ、優秀賞の候補楽曲となります。

 

2019年第2期の「おとバンde賞」受賞8楽曲は、11月22日(金) 11:35~ ラジオNIKKEIの番組「大人のラヂオ」内でもご紹介致します。再放送は、11月23日(土) 20:30~21:25です。radikoから放送をリアルタイムで聴く以外に、番組終了後1週間以内であれば、radikoのタイムフリー機能・ポッドキャスト・スポティファイでお好きな時間帯に聴けます。下の「大人のラヂオ」番組ページから、お好きな聴取方法を選んでください。

http://www.radionikkei.jp/otona/

D.O.FUNK(ディー.オー.ファンク)

「THE PASSION ~君の情熱を回せ!~」
Dynamite Sam (Vocal) / Funky Tom (Guitar) / Usagida-pyon (Bass) / Caramba (Percussion) / Rie Turner (Keyboard) / Koikeya Le-mont (Guitar) / Ken Ken (Drums) / Akashi-Yumi-Kaworu (Chorus) / Chaki-Chiaki-Nawomi (Chorus) / Soul Stealer Joe (Trumpet) / Soul Stealer Lee (Tenor Sax) / Soul Stealer Maro (Baritone Sax) / Soul Stealer Hasebe (Trumpet)
 
ファンキーでソウルフル! ド派手なライブパフォーマンスで観る者に元気を与えるファンク軍団、D.O.FUNK(ディーオーファンク)。
1997年の結成以来、地元・山梨県を中心に精力的なライブ活動を展開し、今年で結成22年を迎えた。長い活動の中で磨き上げてきたライブパフォーマンスの根底にあるのは「LOVE & HAPPINESS」温かい愛情とみんなを幸せにしたいという願いだ。
•2009年、ニッポン放送とMUSIC ON TV!が主催する「TOYOPETナイスミドル音楽祭」に出場し、関東甲信越ブロック大会においてグランプリを獲得。その後出場した全国大会では、グランプリは逃したものの、観客の人気投票において全国792組のバンドの頂点に輝いた。
•2011年、被災地を元気づけるため仙台市で行われた「TOYOPET 全国ナイスミドル音楽祭」に関東甲信越ブロック代表として出場。
応募楽曲の「THE PASSION」は皆さんへの応援歌です!情熱(Passion)を持ってあらゆることにチャレンジしよう!という思いを込めて作りました。ライブ会場ではオーディエンスと一体となり「THE PASSIONタオル」を回して盛り上がります。

メンバー各自、本業を優先することを基本として、年齢を重ねても楽しくバンド活動を継続できるよう家族、知人の理解を得る中で22年間ほぼ同じメンバーで活動を継続しております。バンド内に2組の夫婦がいます。
ボーカルのDynamite Samは脳梗塞を患いながらも、バンド活動を生き甲斐とし、甲府の街を活性化すべくD.O.FUNKの音楽を通して特に中高年に元気を与えるライブ活動を続けて来ました。そして、この度甲府市会議員に当選し、議員としても甲府の街の活性化に努めております。
https://www.youtube.com/watch?v=5yfl35X_8V0

浅川貴史&The Family Soul 「Ride On The Groove」

浅川貴史(Vo,Gt) / 脇坂憲(Dr) / 渋谷和俊(Key)/ Sue 隊長(B) / 林徹平(Gt) / 小瀬友美(Cho,Vo) / 大澤彩(Cho,Vo) / Yukky(Sax)

 

2015年、結成。SoulfulでFunkyでPopで、たまにエッチな楽曲の数々。
どこか昭和の香りが残るステージング。音楽とお酒とくだらない話が大好きなメンバー。
独自の感性で見る者を圧倒するという事もないし、唯一無二の世界観で絶大な支持を集めているわけでもありません。
しかし、とにかく目の前のお客さんをステキな音楽と少しの笑いで大いに楽しませようと躍起になっているバンド、それが浅川貴史&The Family Soulです。
もしあなたが少し大人っぽい音楽が好きなら、ノリノリの音楽が好きなら、飲んで楽しく音楽を聴きたいなら、きっと気に入ることでしょう!

今回の楽曲「Ride On The Groove」は、1stアルバム"Music Needs The People"の冒頭を飾る70年代後半のソウルっぽさのあるファンキーな曲です。ライブの定番曲としてファンからも人気の高い1曲です。
https://note.mu/fullsoulrecord/n/nc4e32416262e 


Quaker(クェーカー)

「Noel.」

葛岡和代 (ボーカル/キーボード) / 葛岡善哉 (コーラス/ギター) / 岡田淳 (ベース)

 

より優しくより激しく…音楽が表現を失わないように
絵本の様な歌詞をオーガニックなサウンドで綴るバンド

音楽活動をしてきたら全国に知り合いが一杯できました
世代を問わず、沢山の人と交流が出来ることを嬉しく思います
音楽に関する色々な発見があって、日々の喜びになっています

バンド名の由来は、quake(揺らす、揺れる)の言葉から
『自分達の音楽で人の心を揺らす人になりたい』という思いを込めて命名しました

応募楽曲「Noel.」では
ギターの人、コーラス頑張っておりますw!

http://quaker.flop.jp/noel.html?fbclid=IwAR30Km3O8TNqfzSmui9FWHq7oWI157ucbZFuwM7ctlOFe4GsuSdiY3cFoug

David SweetLow

デビッドスイートロウ「Untangle Me アンタグル・ミー」

David SweetLow(ソロシンガーソングライター、 ボーカル・アコースティックギター)

 

David Sweetlow は イングランド出身のシンガーソングライター
&音楽プロデューサーです。 欧米での長い音楽活動を経て 2015年 欧米から札幌に移り 音楽人生で初めて ソロシンガーソングライターとして活動を始めました。 今回応募の”Untangle Me アンタグルミー”は、イバラのように絡み合った状況・関係の中で 悲しみ辛さ怒り苦しみを伴に 心が叫んでいるといったような人生のHappyでない一面 誰もが多かれ少なかれ直面する人生を歌ってます。
最近はこのように人間であるからこそのシリアスな感情・心・葛藤など題材にした作品を作っています。
https://www.youtube.com/watch?v=ErkCt7JtFjU&feature=youtu.be


Time Leaps

「井の頭線」

川口利香 (ボーカル) / 箕輪望 (ギター)  / ごんのすけ (キーボード) / neko石渡 (ベース) / 三村哲史 (ドラム)

 

昨年「神宮前」で最終選考まで残らせていただいたTime Leapsです。今年も挑戦させていただきます。
高校時代のバンドメンバーが、3年ほど前にSNSや旧友の情報を頼りに三十数年ぶりに再会し、それが核になっているバンドです。それぞれ音楽活動からは永く距離を置いていたのですが、歳を重ねて復帰しています。

今年は昨年落選した「すみだストリートジャズフェスティバル」「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」にも念願の出演が出来ました。加えて2年連続で出演した「下北沢音楽祭」や下北沢盆踊りのプレイベント出演など、今年の夏は「フェス出演で道行く人々に我々の演奏を聴いていただく」という目標を達成できて幸運です。野外フェスはライブハウスやライブバー出演とはまた違った、非常に幸せな経験が出来ました。

秋から年末にかけては、オリジナル新曲のレコーディングに向けて準備をしております。可能なら年内に新曲を作り、来年は2ndアルバムのリリース(もちろん自主制作ですよ)に漕ぎ着けたいと考えております。
ところが、ここに来てドラムの三村氏が定年を目前にして、会社から関連会社への移動命令が。まだまだご家族のために頑張らねばいけないので、「しばらくバンドを離れたい」とのこと。新メンバーを迎えて復帰まで繋ぐか、それとも活動をいったん休止するか、はたまたメンバーチェンジしてしまうか、非常に悩ましい選択を迫られています。全員が既婚、五十代後半と言う人生の転機を迎える年代ですので、それぞれのメンバーにも様々な事情がありますが、何とかしていい形で来年に向けて活動を継続していきたいと願っております。

応募曲「井の頭線」は、昨年リリースした2ndシングルの曲です。バンドのテーマとして、東京の街をイメージしています。
https://www.youtube.com/watch?v=5fo7eIY85XI&feature=youtu.be

ザ・グラスペコロス

「始まりの朝」
越野玄希 (VO.GU) / 水野清久 (BA) / 山原啓司 (DR)

 

2012年結成スリーピースバンド。
バンドのPRゆるキャラ、"ペコロスのぺっちゃん"がいます。
ライブではお客様をお出迎えお見送りをしてライブに華を添えてます。
また、バンドが手掛けた動物愛護団体FOA様の「殺処分ゼロキャンペーンソング(ワンダフルニャンダフル )」を踊りを披露したりしています。

バンド名の由来はビートルズの"glass onion″から。ビートルズのほどの大きな世界は見せられないが僕らなりの世界をみせたいという思いからです。
現在、アルバム2枚、配信ではシングル2曲を発売中。ライブはアコースティックライヴは月に1回ペースで、バンドでは年に1、2回ワンマン又はジョイントライブを企画して行っています。

応募楽曲「始まりの朝」は18年という歳月をすれ違ったり想いを寄せたりと、大人の恋愛を描いた作品です。ちなみに実話です。
https://www.youtube.com/watch?v=Al8lN-0R4GY&feature=youtu.be


小林進

「さらば友よ」
小林進 (ギター、ハープ、ボーカル) /  坂本健 (キーボード)

 

各地で年間80本のライブをこなすスーパーおやじ。弾き語りを中心にオリジナルを歌ってます。
来年の3月に還暦を迎えます、その記念にサードアルバム「60」を制作、その中から60前後で亡くなった三人の友人を思う歌でエントリーしました。
https://www.youtube.com/watch?v=EKbL0O4Y8TU&feature=youtu.be

ヤンバルヒートオーケストラ

「星空への祈り~てぃんさぐぬ花」
村山雅仁 (ギター) / 比嘉伝英 (ボーカル・ギター) / 嘉陽好美 (ボーカル・パーカッション)

 

これは、東日本大震災の後、鎮魂の意を込めて作った楽曲です。オリジナル曲「星空への祈り」に続けて沖縄の教訓歌「てぃんさぐぬ花」をメドレーにしてみました。親の心を肝に沁み込ませよという内容です。さて、本題ですが、「おとなのバンド大賞」という企画の素晴らしさは、全国各地にいる社会人アーチストたちに発表の場と連帯感を与えてくれたことだと思います。地元だけでは絶対に関わることのできない個性達が一堂に会し、互いに刺激しあって、新たな目標を見つけて、さらに切磋琢磨して、実に面白い楽しいです。御蔭様で沖縄の名護という田舎に住んでいても頑張ってみようと思えるようになりました、本当にありがとうございます。
https://www.youtube.com/watch?v=NenMRuTWZMA&feature=youtu.be



2019年度おとなのバンド大賞 第1期「おとバンDE賞」はこちら。

桔梗屋

「初めての金星」

竹内修/宇津野敦士/谷山勝則/吉岡博文

 

愛知県の片田舎で細々と35年余り活動を続けてきましたが、最近はその場所をキッズダンスや敬老会のカラオケ大会に奪われ。。最近はちょっと休憩が多いです。今回は関取をテーマにしていますが、普通に頑張っている草莽への応援歌のつもりで作りました。

https://www.youtube.com/watch?v=lzRrIrJ4kqY

いぶり~ず

「空が見えますか?」

橋本詩穂/皆川時徳/浅見篤志/河畑敦史

 

北海道西胆振在住(室蘭市・登別市・伊達市)のミュージシャンによるアコユニット。オリジナル・邦楽・洋楽等ジャンルにとらわれることなく様々な曲を演奏します。練習はLIVEが組まれるごとに行っておりメンバーの仕事の都合に合わせ何とか行えている感じになります。

様々な所で行っているLIVEを通じて色んなMUSICIANと繋がりそこからまた新しいものが生まれたりと、仕事以外でのこの活動を通して人間関係の輪が広がって行くのが私たちにとっての財産です!

応募曲「空が見えますか」は、過ぎていく日常に追われ、下ばかり向いてしまうつらい日々。そんな時こそ、空を見上げてほしい。少しでも誰かの前へ進む力に変わってほしい。という思いで作られた曲です。

https://www.youtube.com/watch?v=F6cBqIdf6sQ


魔法陣

「スマイル」

有家勉/小栗伸彦/長谷川隆/舩戸英次

 

「魔法陣」は学生時代からの仲間で続けているバンドです。時代の流れとともにバンドの構成も曲調も、演奏スタイルも変わってきましたが、今はアコースティックのオヤジバンドとして4人で活動しています。年は重ねていきますが、音楽への本気度は今でもキープしているつもりです。
「スマイル」は、みんなで夢を持って、それに向かって頑張り、時に苦しくなって足踏みをすることになっても、また立ち上がって、みんなで前に向かって歩き出す。それを支えているのはいつも「笑顔」なんだ…、という気持ちを歌にしてものです。
来年の東京オリンピックに向かって、多くのアスリートの方々が、オリンピックへの出場、さらにはメダル獲得に向けて、日々懸命に努力を重ねていらっしゃると思います。そんな思いを自分たち自身の演奏にも重ねてみました。

https://youtu.be/7mbcOXSBGsk

ヤンバルヒートオーケストラ

「ヤンバルボーイの海」

村山雅仁/比嘉伝英/嘉陽好美

 

「おとなのバンド大賞」との関わりは2008年に名護ジャスコの掲示板でポスターに加藤和彦さんのスマイルを見かけ「お会いしてみたいなあ。」と思いまして、思い切ってデモ音源を送ったのがきっかけでした。

その時は井上陽水のカバー曲を演奏し、とんとん拍子で東京大会まで進み、大会終了後、本当に加藤さんとお会いでき驚くばかりでした。加藤さんからはオリジナル曲を作るよう促されました。(そこから生みの苦しみを味わうことになりましたが。)

参加バンドのいくつかとはその後も交流を続け、沖縄に来てもらいイベントに出演してもらったり、こちらが出向いたりといった交流もやり、良い関係が持てまして、大切な財産となっています。

この「ヤンバルボーイの海」は私達が子供の頃の沖縄・ヤンバルの海の思い出を綴ったものです。

https://youtu.be/FjlbIUlO2Ao



みなさま是非賛助会員に!

この「おとバン」は賛助会員の皆様からの寄付で成り立っています。一緒に「おとバン」を盛り上げていきましょう!

賛助会員登録(「おとバン」に参加)ページはこちら

ライブ・イベント情報

大人の、大人による、大人のための「おとバン」ならではのライブ・イベントを企画して、演る側も、観る側も、創る側もみんな一体となって仲間を増やしていきます。

ライブ・イベント情報ページはこちら

虹色楽団

「虹色楽団 ロックコーラス&バンドワークショップ」は、みんなでつくるバンドです。みんなで音楽の楽しさを分かち合う!それがワークショップなのです。 

虹色楽団ページはこちら


特定非営利活動法人 おとなのバンド倶楽部

Lifelong Band Club Japan

 略称)おとバン

 

「おとバン」は、アマチュア音楽、特にバンド音楽の振興のために多角的な支援活動を行います。

主な事業は、

1.ライブ・イベントの企画制作

2.虹色楽団などの音楽教育

3.ライブハウスなどのバリアフリー化推進啓発

4.アマチュア音楽家たちのネットワーク化

です。

 

皆さま、まずは「おとバン」の賛助会員になって一緒に盛り上げてください。よろしくお願いいたします。

 

名誉会長:田川 律

理  事  長:岡田 信一

副理事長:藤原 豊

理  事:戸代澤 真奈美

監  事:明石 英司

 

設  立  日:2019年2月1日(法人登記の日)

内閣府NPOページ

あなたに出来ること!

  • 賛助会員になって団体運営を支援する
  • ライブを企画する
  • ライブに出演する
  • 虹色楽団で歌や演奏を学んでステージに立つ
  • ライブハウスにバリアフリー化の大切さを伝える
  • テクニカルボランティアになってアマチュア音楽家を育てる
  • ボランティアになってライブや事務局を手伝う
  • バンド愛好家たちと友達になる